会社概要

Company

中長期経営計画・DX戦略

現在、急激に変化する社会情勢と情報処理技術の発展及び今後訪れる
生産人口の減少に加え、2020 年から続いているCOVID-19の流行では、
さまざまな分野でデジタルによる革新が急激に進み、物流業界に対する
社会のニーズは益々多様化の様相を呈しております。
当社においても従来の方式を変えていかなければならない、
大きなターニングポイントとなっています。

そこで、浜松倉庫では今回「中長期経営計画」と「浜松倉庫DX戦略」を
打ち出しました。「正確に 迅速に 親切に」を社訓とし、地域とともに
誠実に堅実に歩む企業として、変えないところはしっかり守りつつ、
商慣習に捉われずに新たな取り組みにチャレンジしてまいります。
特にDXに関しては、AI・ロボットなどを積極的に導入し、デジタル
イノベーションを積極的に活用することで、業務効率化・生産性向上は
もちろんのこと、新規分野への参入なども実現します。

これにより、お客様に対して持続可能で豊かな社会を実現させる物流
サービスを提供するべく社を上げて取り組んでまいります。

浜松倉庫株式会社 代表取締役社長 中山彰人

中長期経営計画

浜松倉庫DX戦略

浜松倉庫WMS「SEIJI」を核とし、ロボット(ソフト/マシン)・AI(予測・営業支援)・
BIツール(社内/社外 KPI)・新チャレンジ(オンライン倉庫等)・新倉庫(都田2期建築)を実行します。
「少力化・省人化の実現」「ステークホルダとの協業体制」
「新分野(医療等)への参画」を実現し、生産性向上により、営業利益率4.5%向上を目指します。

浜松倉庫では、経済産業省のDX認定制度の認定を受けています。
※DX認定制度:情報処理の促進に関する法律第三十一条に基づく認定制度
DX認定ロゴ
経済産業省HP「DX認定制度」ページ

DX戦略

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。